トランス脂肪酸はなぜ危険?どんな成分?どんな病気になるの?

この記事は2分で読めます

 

トランス脂肪酸 マック

 

トランス脂肪酸という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

最近アメリカでも規制されましたね。

 

このトランス脂肪酸とは一体何なのでしょうか?

どんな成分が危険なのでしょうか?

また病気の元になるって本当でしょうか?

 

 

トランス脂肪酸とは?

 

トランス脂肪酸 マーガリン

 

トランス脂肪酸が体に良くないとは効きますよね。

 

でもどんなものなのかと聞かれるとうまく理解できていない気がします。

と言う事でトランス脂肪酸とは何か?からみてきましょう。

 

トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸と言うものです。

 

天然の油(植物油とか)には入っていません。

 

水素を添加して硬化させた部分硬化油を作る時に発生するものだそうです。

マーガリンやファットスプレッド、ショートニングなどに含まれているようです。

 

パンとか、危険ですね(笑)

 

このトランス脂肪酸をあまりに摂取すると悪玉コレステロールの活動を活発にするそう。

 

嫌な感じですね。

カロリーが少ないと言う事で人気でしたが2003年以降から規制する国も増加しています。

 

トランス脂肪酸の成分は?

 

ケンタッキー トランス脂肪酸

 

トランス脂肪酸にはどんな成分が入っていてどのように危険なのかもみていきます。

 

トランス脂肪酸で問題になっている成分はヒドロべルオキシという成分。

Sponsored Link


これが動脈硬化の原因の一つになると言うことで危険なのだそうです。

 

オレイン酸なども過熱することでこの成分が少しでるという話もありますね。

 

ファストフードの油ものにはトランス脂肪酸たっぷりのショートニングが利用されていることも。

なので海外では油の規制をして安全油に変更していっているようです。

 

実際にはケンタッキーやスタバなどではもう切り替えをしているのだとか。

 

日本でも

  • ケンタッキー
  • ミスド
  • セブン&アイ系列
  • パスコ
  • 神戸屋
  • モス
  • ロッテリア
  • ウェンディーズ
  • 日清オイリオ
  • ブルボン

で油を安全なものに変更しています。

 

トランス脂肪酸でどんな病気になる?

 

虚血性心疾患

 

ではこのトランス脂肪酸でどんな病気のリスクがあるのかもみていきましょう。

主な病気のリスクとしては

 

  • 虚血性心疾患
  • 認知症
  • 動脈硬化

 

などです。

 

ガン化するという話はまだないそうですが…怪しいですよね!

 

またアトピーやアレルギー体質になるのにも

このトランス脂肪酸が関係しているのではないかという話もあります。

 

 

ちなみにこのトランス脂肪酸、一日に2グラムぐらいなら大丈夫だそう。

といっても、摂らないに越したことはなさそうですよね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中二病
  2. SONY DSC
  3. 自閉症
  4. エボラ出血熱 日本
  5. 冬季うつ
  6. アスペルギルス症候群
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。