2014年の冬至っていつ?何を食べる?何をする行事かチェック☆

この記事は2分で読めます

 

雪景色

日に日に寒くなってきましたね。

 

毎日「今年一番の寒さ」って言葉を聞く気がします(汗)

 

そんな中、冬至と言う行事が迫っていますよ!

今回はこの冬至についてチェック☆

何を食べるんでしょう?何をする行事?

 

2014年の当時はいつなのかもまとめて紹介します!

Sponsored Link


冬至って何?どんな行事?

 

冬至 イラスト

最初に、冬至ってどんな行事?と言うところから見ていきたいと思います。

 

当時は24節季の中の一つ。

 

1年の中で 一番昼間の時間が短い時期です、

 

もう少し難しく言うと 太陽黄経が270度の時なんだそうです。

太陽黄経なんて気にしたことないけど(笑)

 

北半球では太陽の高さが一番低くなる時期なんだそうですよ。

 

そういえば冬の頃って、太陽の光が部屋の奥まで届きますもんね~。

 

この冬至が一年で昼間が一番短いといいましたよね。

と言うことはこの日を境にどんどんと昼間の時間が増えていくと言うこと。

 

何だか春が近づいてきた気が…しませんか?

 

しませんよね、さすがに。

 

寒いし(笑)

 

2014年の冬至はいつ?

 

ゆず湯

 

では2014年の冬至っていつなのでしょうか?

このへんもチェックしていきたいと思います。

 

が!この24節季ってそもそも日にちが大体固定しているらしいんですね。

Sponsored Link


 

と言う事で、2014年の冬至も2013年と変わらず

12月22日の日曜日

と言う事になっています。

 

ちなみに、冬至の瞬間の時間って言うのもあるみたいですよ!

 

2014年は23時3分。

まあ、これはグリニッジ天文台での時間ですのでね。

 

日本人は気にせずに「今日が冬至か~」と思っとけばいいです(←投げやり!?)

 

冬至に食べるものは何?することは何?

 

冬至 南京

 

行事と言えば気になるのが行事食です!(私はね)

と言う事で冬至に食べるものはなにか、することは何かもチェックします!

 

冬至に食べるものと言えばカボチャですよね!

子どもでも知っています。

 

でも何故、かぼちゃを食べるかは知っていますか?

 

これ、「ん」の付くものを食べると縁起がいいとされているんです。

 

明治時代からの風習ですね。

 

なので「れんこん」でも「うどん」でもOKです。

 

ちなみにかぼちゃはむかし、「なんきん」と呼ばれていました。

ちゃんと「ん」が付いていますね。

 

子どもとスーパーに行って一緒に「ん」のつく食べ物探しをするのも面白いかも☆

…パンとか?(汗)

 

ちなみにアズキがゆを食べるって言う風習もあるようですよ。

アズキがゆにかぼちゃを入れたりしてもおいしそう。

最近ではかぼちゃ入りのぜんざいとかもありますもんね♪

 

中国でも「庵この入ったお団子を茹でて食べる」風習があるようです。

似ていますよね♪

 

そして、冬至にすることと言えば柚子湯ですよね!!

 

これは体があったまります。

この風習は江戸の銭湯が発祥なんだそうですよ☆

結構最近だなと言う感じがします☆

 

日本の古くからの風習をみなおして、行事食や行事を楽しむのも良いですよね☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 子連れ イルミネーション
  2. 泳げ鯉のぼり相模川
  3. まこという名の不思議顔の猫
  4. ブックカフェ
  5. タイムチケット
  6. 柊木りお ソロ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。