冬季うつって何!?症状の特徴や対処方法をまとめてチェックしよう!

この記事は2分で読めます

 

冬季うつ

 

冬になると寒くていろいろな事がおっくうになりますよね。

 

しかし、もしかしたらその億劫な気持は冬季うつなのかもしれませんよ。

 

今回はそんな冬季うつについて調査☆

症状の特徴や対処方法をまとめてチェックしていきましょう!

Sponsored Link


冬季うつとは?

 

冬季 うつ

 

 

最初に「冬季うつって何?」と言うところから見ていきましょう。

 

うつは最近社会に浸透してきた性もあって理解しやすいですよね。

しかしこれに「冬季」とわざわざつくのは何なのでしょうか?

 

この冬季うつは正しくは「季節性情動障害」というもののようです。

 

季節性情動障害はある季節にだけ

 

体のだるさ

つかれやすさ

気分の落ち込み

 

を感じると言うもの。

 

脳機能障害の一種と言われています。

 

特にこの季節性情動障害は冬に起きやすいんですね。

 

なので冬季うつと呼ばれているようです。

 

ちなみに日本人の役13%はこの冬季うつになっているのではないかと言われています。

 

冬季うつの症状の特徴

 

うつ 食欲

Sponsored Link


 

では冬季うつの症状の特徴を詳しく見ていきましょう。

 

さっきの項目で挙げたように冬季うつの主な特徴は

 

体のだるさ

つかれやすさ

気分の落ち込み

 

が起こってしまう事ですね。

 

 

その他の主な症状の特徴は

 

寝すぎ(昼間でも眠い)

過食(甘いものが食べたくて仕方ない)

 

などなど。

 

まあ、冬ですからね。

 

眠くなったり、甘いものが おいしく感じられることは普通にありますけど(汗)

私も冬季うつなんでしょうか?(汗)

 

冬季うつの対処方法は?

 

猫 うつ

 

この冬季うつへの対処方法もみていきます。

 

冬季うつの原因はまだよく分かっていません。

しかし日照時間が冬に減り始めると発症者が増加。

 

春になって日照時間が増えると治ることから

 

どうやら日照時間が短いことが冬季うつの原因なんじゃないの?

 

という事になっています。

 

 

なので早い話が太陽に当たればいいんです。

対処方法としては凄く簡単ですね(笑)

 

実際に病院などに言っても高い照度の光を当てると言う治療をされます。

 

また薬による治療もあるようなのですが…。

太陽でなおるならそうしたいですよね(汗)

 

また、過食しないように1日3食をしっかりと食べる食事療法もあるとか。

 

早寝早起きや夜のお風呂はゆっくり湯船でくつろぐにも効果があるようです。

対処方法って…結構普通ですね(汗)

 

冬季うつの症状の特徴が表れている人はすぐにでも太陽の光を浴びましょう☆

病院に行くことなく冬季うつから抜け出せますよ☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ポリオ ワクチン
  2. 自閉症
  3. RSウイルス 妊婦
  4. RSウイルス感染症
  5. トランス脂肪酸 マック
  6. 桂歌丸 病気
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。