ニノのドラマ『弱くても勝てます』の第一話☆あらすじと感想☆

この記事は3分で読めます

 

弱くても勝てます

 

ついに4月12日に放送されましたね☆

『弱くても勝てます』(以下略)の第一話!

 

ちゃんと見ました?

 

見ていない人も、見たけどもう一度おさらいしたい人も必見☆
第一話のあらすじと感想をまとめてみました♪
ガッツリと個人的な感想です(笑)

Sponsored Link


『弱くても勝てます』第一話のあらすじ

ではさっそくあらすじを見ていきましょう♪

 

田茂青志(ニノ)は研究所で研究を仕事としている人でした。

 

しかし、そのユニットリーダーがまさかのねつ造!

と言うところから幕が開きます。

 

えっと…ユニットリーダーがねつ造…そんな事件が最近あったような(汗)

社会にざっくり切りこんだ感じを出しているの?(切りこめてないよ!)

 

そんなわけで青志先生(ニノ)は転職。

超名門高校の先生になります。

 

ニノはその超名門高校のOB.

しかもへっぽこ野球部OB.

 

更に現在の高校の校長(笹野高史)は野球部時代の監督。

 

できすぎてます☆

 

いやいやながら、担任を持ち、なんだかんだで野球部顧問にもなっちゃう。

 

野球部は6人&マネージャーの柚子(有村架純)というこじんまりしたものです。

試合にも出れません。

人数的にも技術的にも。

 

青志先生(ニノ)は「声だし」から指導します。

声を出すことで「野球部っぽい!」と気づいた部員はところ構わず声だし。

 

練習で球を打つ前から「ドンマイ!!」と叫びまくり、ニノに突っ込まれます(笑)

 

中盤で青志先生はメンバーを集めるには

「勉強も運動もそこそこでくすぶっている奴をさがせ!」

と宣言。

 

いやあ、しつれいな(笑)

高校教師の発言としてはいかがなものか(笑)

 

でも超目立ちたがり屋だけどくすぶっている亀沢くん(本郷奏多)をスカウト。

 

弱くても勝てます 亀沢

 

 

超目立つよ!と言うことをアピールしまくって獲得します。

 

青志先生と亀沢くんが同じ画面に収まったとき、思いましたよね。

 

本郷 ニノ ガンツ

 

 

GANTZって(笑)

 

そんなこんなで、くすぶっている亀沢くん(本郷奏多)と
ストーカーの志方くん(桜田通)と超短距離走者の岡留(間宮祥太朗)が入部♪

 

ちなみに赤岩くん(福士蒼汰)は以前野球部だったけど火だるまにされた)経験があります。

火だるまって試合で集中攻撃されるって意味ですね。

 

なので今は野球と離れています。

 

マネージャーの柚子(有村架純)は彼をなんとか引っ張ってこようとしているのですが…。

Sponsored Link


 

弱くても勝てます 柚子

 

 

で、実は青志先生は昔マネージャー(有村架純)と面識があります。

青志先生のアパートの大家さん(薬師丸ひろ子)の娘なんですね。

 

小さいころにキャッチボールをしていたと言うエピソードが入ります。

青志先生、学生時代も下宿していたようです。

 

そんな感じで個々の人物を紹介して行ったところで今回の見せ場☆

 

堂東学院との練習試合です。

 

そもそも青志先生は堂東学院に着任早々喧嘩を売りに行っています。

 

さっそく因縁の対決。

 

青志先生がそんなに絡む理由はひとつ!

自分が野球部時代に堂東学院エース、谷内田(市川海老蔵)に火だるまにされたから。

 

根に持っています(笑)

 

いざ試合!となりましたがやっぱりへっぽこ野球部。

3アウトが取れません。

 

生徒の「大丈夫!まだやれます!!」と言う熱い発言に対して

「やれてもやるなー!」と青志先生。

 

更に亀沢くん(本郷奏多)が

「監督、もうこのあたりで結構です」に対し

「駄目だ!続けろ!代わりがいない!」と青志先生。

 

この野球シーンは言葉の応酬が面白い☆

 

時間はどんどんすぎ、結局3アウトが取れないまま1回の表で50点以上の差が(汗)

 

青志先生は相手高校の監督に頭を下げます。

こっちの生徒にも打たせてくださいと。

 

生徒はそれを見て青志先生を止めようとしますが、

 

「じゃあ、どうしたらいいんだよ?」との青志先生の言葉に絶句。

 

その後、やる気が出た(?)のか奇跡的に3アウトを取ります。

まぐれです。

 

が、結局暗くなったのでコールド負けが決定します。

こんな感じのあらすじです。

 

『弱くても勝てます』第1回の感想

あらすじでもちょいちょい感想ははさんでいましたが総合して感想を。

 

私は野球がわからないのですが、面白く見れました。

でも野球好きの友人は「ありえない」の連発。

 

中途半端に知っていると面白く見れないようです。

あと、気になったのが青志先生、生徒でもいけるでしょ!ってこと。

 

背が小さいんですよね(笑)

嵐は皆基本的に背が低いですから(笑)

 

一番高い相葉ちゃんで173センチとかだそうです。

 

そして野球オンチも野球好きも一致した意見が

 

あまちゃん出過ぎ!

 

有村架純に福士蒼汰に荒川良々に薬師丸ひろ子にと…。

 

しかも野球をしているシーンのBGMがあまちゃんのイントロに寄せてありました(汗)

どんだけあまちゃんの威光を借りたいんだか(汗)

 

ちょっと見ぐるしいわ~。

 

でも、ストーリーは面白いし有村架純さんがものすごい可愛いので来週も期待です♪

今回は人物紹介がメインだったけど次回からはお話が動きますよ☆☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 弱くても勝てます
  2. 死神くん ドラマ
  3. 弱くても勝てます
  4. ルーズヴェルト・ゲーム
  5. 信長協奏曲 ドラマ
  6. 死神くん ドラマ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。