嵐の二宮さん主演♪弱くても勝てます☆第3話あらすじとネタバレ☆

この記事は3分で読めます

 

弱くても勝てます

 

あまちゃんメンバーが多数出演の「弱くても勝てます」。

結構人気のようですよ(私の周りでは)

 

そんな「弱くても勝てます」の第3話のあらすじ&ネタバレをしていきます。

ニノと架純ちゃん贔屓な感想も盛りだくさんです☆

Sponsored Link


弱くても勝てます第3話のあらすじ&ネタバレ

お父さんの命日が近づいて何だかしょんぼりな柚子(架純ちゃん)。

自分が野球にしっかり関われないというジレンマでモヤモヤしています。

 

ネタバレを先にしますと、柚子は小さい時にお父さんに

 

「柚子が野球をするところが見たいな」と言われたことがあるんです。

なので、柚子にとって野球をすることはマストなんですね。

 

憂い顔の架純ちゃん、可愛い☆

 

そんな中部員たちは至ってマイペースです。

雨が降ったとなれば急いで部室に戻り、洗濯ものを取りこむ手伝いもしない。

学校内に住み着いている赤岩なんて自分の洗濯ものを取りこみに行きました(汗)

 

洗濯を取りこんで柚子が部室に戻るとゴキブリ騒動。

男どもが何人も揃っていっぴきのゴキに大騒ぎです。

 

柚子はアイススプレーで凍らせてから「何か叩くもの!」と要求。

しかし部員たちはビビって何も渡せない。

 

ついに柚子はしびれを切らせて足でゴキを踏み潰します。

悲鳴が上がる部室。

 

そしてブチギレる柚子(笑)

怒った架純ちゃんも可愛い(←変態か!)

 

やる気のない部員たちに柚子はマネージャをやめる宣言。

 

そして部員になります。

しかし青志先生(ニノ)、あっさりと却下。

女子ですものという理由です。

ええ、まっとうな理由ですよ(笑)

 

何度も直談判してはかわされる柚子。

最終手段として使えない志方(桜田通)をマネージャーにしようと画策します(笑)

まあ、仕方はマネージャーに向いていそうだけどね。

 

仕方は架純ちゃんが好きすぎて怪我したふりをします。

ボールを拾う練習中にまさかの

 

「ギャー!!痛い!!監督!足をやっちゃいました!」宣言(笑)

ニノも「この状況で!?」と突っ込んでました(笑)

 

一方、亀沢(本郷奏多)です。

今回はシーンの至る所で寝てる。

 

それもそのはず、亀沢は一人暮らし。

しかも朝から新聞配達をしたり、バイトをしたりと大変な生活をしていました。

家は貧乏なのですが、東大に行くために無理をいって高校に通っているそうです。

 

そんな事情を知った赤岩は他の野球部員に亀沢の現状を伝えて何かできないかと考えます。

 

ネタバレをしますと、亀沢に対して皆が行ったことは逆効果。

Sponsored Link


怒らせてしまいます。

あたりまえですよね。

だって同情ですもの。

 

亀沢はそんなのを甘んじて受けるタイプじゃありません。

 

先にネタバレすると、

部員たちは亀沢が早く仕事を上がれるようにと朝の新聞配達を手伝う

ことに。

 

亀沢もそれなら…と仕方なく受け入れます。

こういうのって、雇い先にばれたらクビなんじゃないの!?(汗)

あと、新聞配達って寮があるとこもあるからそういうのを選んだらいいのに(汗)

 

一方、柚子は小さいときにやっていた青志君とのキャッチボール中☆

 

 

なぜか、このキャッチボール中に柚子はマネージャーに戻る決心をします。

 

なんか、「ありがとう」とか言ってましたね。

 

しかも地獄耳なんか、かなり距離があるのにニノは「え?何だって?」と聞き返します(笑)

詳しくは、アイスを取りに台所に行ってたので見逃しました(笑)

ニノの魔法かなんかですかね☆

 

ある日、谷内田(海老蔵)が予告もなく城徳高校に視察に来ます。

盛り上がる部長(荒川良々)や部員。

 

しかしニノは平常心。

 

元プロの谷内田が来てるのにランナーコーチの練習をさせます(笑)

いいのいいの、人目を気にしちゃダメよね☆

 

そんな中、ただでさえ疲れていた亀沢は無駄に走らされて倒れます。

 

ニノ先生、怒る!

「お前らの指示は、信号を渡った奴にわたるな!と言ってるのと同じだ!」

「指示された人の気持ちを考えて決断しろ!」

 

おお!何だかまっとうなことをいっております!(笑)

 

谷内田も何か感じることがあったのか、バッティングを生徒に見せてくれました。

さあ、次週からいよいよ盛り上がりを見せるか!?

と、思った矢先

 

「来週から試験期間ですので、部活は禁止です☆」とニノ先生。

なにい!?(笑)

 

弱くても勝てます第3話の感想。

 

今回のメインは架純ちゃんと亀沢(奏多くん)でしたね☆

 

架純ちゃんはどう考えても可愛い☆

どの表情でも可愛い☆

 

こういう女の子があんまり出ないドラマって女の子が「紅一点」って呼ばれたりしますが。

まさに紅一点ですよ☆画面が鮮やか☆

赤ジャージなのも華やかでよいわ~♪

今回個人的には架純ちゃんがブチギレてニノも押さえられないってシーンが好きでした♪

 

そして亀沢ね!(笑)

奏多くん、やっぱりスゴイ☆

西くん(ガンツ)とはまったく違いますもんね。

 

 

っていうか、顔がドビー(ハリポタに出てくる屋敷しもべ妖精)に似てきた!?

見てるだけで面白いです(笑)

 

前は超絶美少年だったのに~

今も好きですけどね☆

 

柔軟運動をしてるだけでも周りとの差を醸し出す奏多くん(笑)

谷内田のバッティングを見て口をあける奏多くん(笑)

ステキ☆

 

来週も亀沢が活躍しますように(←え?)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 弱くても勝てます
  2. ブラックプレジデント
  3. ブラックプレジデント
  4. 死神くん ドラマ
  5. ルーズヴェルト・ゲーム
  6. 信長協奏曲 ドラマ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。