ルーズベルトゲーム早くも第3話☆あらすじとネタバレ♪感想も公開

この記事は3分で読めます

 

ルーズヴェルト・ゲーム

 

視聴率がイマイチよくないと話題の(?)ルーズベルトゲーム。

私はスゴイ面白いと思いますけどね☆

そんなルーズベルトゲームの第3話のあらすじネタバレをします☆

 

前回の続きであるリストラ問題や訴訟問題が解決できるのか!?

毒感想もふんだんに混じっています(笑)

Sponsored Link


ルーズベルトゲーム第3話のあらすじ&ネタバレ

前回から引き続きイツワ電器から実用新案権侵害で訴えられる青島製作所。

そんなの思いっきり言いがかりなのに。

もともと経営状態があまりよくなかった青島製作所は結構困窮します。

 

弱いところをえぐられた感じですね。

 

ということで細川社長の出した案は

「派遣社員の8割をリストラする!」

です。

 

恐ろしい!!

 

その業務の担当責任者である三上総務部長はリストラ候補者の中に野球部の沖原の名前を発見!

勤務態度優秀。

真面目で無遅刻無欠席。

前回起こしたミスも沖原のせいじゃない!

 

なのになぜ…?

沖原に肩入れしている三上総務部長は細川社長に願い出ますが無情にも「切れ」と

 

そこで引きさがらない三上総務部長。

会議の席で32名の派遣契約打ち切りを報告します。

そして目をかけていた沖原も派遣を打ち切ったと報告

 

ネタバレしますよ?

その直後、三上は「改めて沖原を総務部の正社員として雇用」と発表。

案の定他の社員に叩かれます。

 

朝比奈(六角さん)なんかはここぞとばかりに三上を罵倒します。

 

え?朝比奈はなぜまだ幹部なのか!?前回かなりヤバいミスをしてますけど。

やっぱりこの細川社長の手腕にかなりの問題が…(汗)

 

沖原を正社員雇用するのは、リストラのために総務部の残業が多いため。

残業代がかさむよりも正社員を一人雇う方がかなりのコストカットになる。

というもの。

 

う~ん、いつまでリストラをする気なんだか(汗)

長い目で見てないような気がします。

 

そしてここから三上。暴走(笑)

 

 

私は沖原を特別扱いしています!

派遣と言うだけで沖原を切るなんてできない!

沖原と同じ能力の人が2人いたら好き嫌いで判断し、沖原を選ぶ!

私はロボットじゃないんだ!沖原を俺が守る!!

 

…三上!どうどう!おちついて!(笑)

しかも、ちょっとホモの香り…危険な香りが・・・(笑)

これ、沖原以外の派遣が聞いたら、問題になる発言ですよ!(笑)

 

なぜこんな失言しまくる人が幹部なのか。

 

ネタバレしますと最終的に民事再生に頼ろうとします。

Sponsored Link


 

笹井(江口洋介)が

「われわれ幹部社員の無能をさらすことになるけど…」

と前置きしてから言いだすんですけどね。

ええ、まったくその通りですよ(笑)

 

ポンコツ社長&隠蔽朝比奈&私利私欲三上が揃ってます(笑)

 

そんな中、野球部の萬田が肘を壊します。

こんなことが知れたら即リストラ。

野球部員は皆で隠します。

 

が、細川社長、こんな時だけしっかりと野球部を監視します(笑)

そして「ああいう人材はすぐに辞めさせないと」と監督に提言。

監督は細川社長が野球部を存続させてくれたんだと思っています。

 

しかし細川社長は「会長との賭けに負けて仕方なく存続ですよ」とネタバレ。

 

それに監督場ブチギレて

 

 

「優勝してあんたを見返す!逆転だ逆転!」

と暴走。

 

逆転って言葉、細川社長意外でも言うんだね(汗)

しかし野球部から最低一人は派遣切りをしないといけないことになります。

 

そんな中、萬田は沖原をグランドに連れ出してシュートの練習をさせます。

自分の痛む肘をこらえて沖原に教える萬田。

先輩と後輩の熱い友情!

 

…なのか!?

 

そもそもシュートなんて投げるから肘を壊すんじゃないの!?

それを後輩に教えるってどういうことよ?

沖原は肘を壊したくないからシュートなんて投げたくないかもじゃん。

新手のパワハラですか?それとも後輩つぶしですか?

と、うがった見方をする私。

 

萬田は退職の日に部署の人たちに挨拶をしますが、うっかり内容を消してしまいます。

手にメモるのも社会人としてどうなの!?

しかも、水性だったの?

と数々の突っ込みはさておき、挨拶は野球部の事に終始します。

う~ん。確かに熱いですよ。

野球への愛が超伝わります。

多分泣けるシーンです。

でもね~。

野球部じゃない同じ部署ってだけの同僚だったらどう感じるかですよ。

私なら「早く終われよ~」って思う気がする(汗)

せめて気を使って部署で印象に残った出来事とか、言おうよ(汗)

 

ところで、細川社長です。

 

 

イツワ電器との問題をなぜかジャパニスクが出てきて和解仲裁の場を設けます。

話し合いの場で細川社長はイツワを糾弾。

今更訴えるなんて、風評被害を狙ってるんだろ!とか暴言を吐きます。

証拠を出せとイツワの社長に行われて自信満々の細川。

 

しかし顧問弁護士が「この件から手を引く」と連絡してきて愕然(笑)

ついに和解はうまくいかず合併の話が…

合併か、民事再生かですよ。

 

ルーズベルトゲーム第3話の感想

野球部が熱い!

でも突っ込みどころ満載のドラマです(笑)

 

ストーリーが面白いっていうか、突っ込みどころをさがすのが面白いわ(笑)

ちなみに今回あんまり活躍していない笹井(江口洋介)は実は悪者なんじゃないかな?

なんとなくなんですけどね(笑)

 

一見冷静ですが何を考えてるかわからないし愛社精神も少なそうです(笑)

今後、笹井の反乱に期待☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ルーズヴェルト・ゲーム
  2. ルーズヴェルト・ゲーム
  3. 弱くても勝てます
  4. ブラックプレジデント
  5. ブラックプレジデント
  6. ブラックプレジデント
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。