2016第4回ツールド東北って何?イベント詳細とエントリー方法も☆

この記事は2分で読めます

 

ツール・ド・東北

 

ツール・ド・東北というイベントを知っていますか?

東北地方で行われる自転車のイベントの事です。

 

今回、2016年に4回目の開催が決定したそうです。

そんなツール・ド・東北の詳細やエントリー方法などを網羅してみました☆

Sponsored Link


ツール・ド・東北とは?

 

ツール・ド東北

 

河北新聞社とヤフージャパンが企画したイベントの事です。

 

目的は

  • 東日本大震災の復興支援
  • 震災の記憶を未来に残すこと

なんだそうです。

 

第一回は2013年の11月3日に1316名もの人が集まって開催された大イベント。

今年はどうなるのでしょうか?

 

第4回ツール・ド・東北の詳細

2016年の第4回大会の詳細がヤフーのプレスリリースで発表されました。

では、その情報を一挙にまとめてみましょう☆

 

  • 募集  優先出走ライダー2016年4月下旬、一般5月下旬予定
  • 開催日 2016年9月17日と9月18日 大会当日
  • 場所  石巻市、女川町、南三陸町、気仙沼市
  • 会場  石巻専修大学
  • 定員  3500名予定

となっています。

Sponsored Link


 

今回は初の2日間開催!
大会の数を重ねるごとに人数もかなり拡大されました。

 

第2回ツール・ド・東北のエントリー方法は?

 

エントリーは公式サイトで申し込む必要があります。

 

一般だと募集開始は5月下旬からということですよね。

 

今までと同じであれば、申し込み多数の場合には
抽選でエントリーが決まりますので、先着順ではありません。

 

エントリーフォームに記入して応募すると約1ヶ月後には当選結果が届きます。

それから、参加料などを振り込むという形です。

 

ちなみにコースによってエントリー料金が代わります。

  • 220キロある気仙沼フォンドでは1万5千円(新設コース)
  • 170キロの南三陸フォンドでは1万1千円。
  • 100キロの北上フォンドでは9千円。
  • 60キロの女川・雄勝フォンドは8千円です。

(前年のデータなので変わるかも知れません。)

 

一般の人のほかにも「自転車大好き芸能人☆」も参加予定だそう。

もしかしたら道中で会えるかもですよね♪

 

ちなみに「体力には自信がないけどおいしいものを食べたい☆」って人は

60キロの女川・雄勝フォンドがおすすめです!

第1回大会の時にはこのコースは「グルメフォンド」という名前でした。

 

エイドステーションでおいしいものをたんまりと楽しめます(笑)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 八戸ポータルミュージアム
  2. 子連れ イルミネーション
  3. 岩盤浴 芸能人
  4. オリーブスパ
  5. タイムチケット
  6. 柊木りお ソロ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。