ブラックプレジデント第6話☆あらすじとネタバレ☆更に感想も♪

この記事は4分で読めます

 

ブラックプレジデント

 

人気のドラマ、ブラックプレジデント。

今回も三田村はいい感じに高笑いをしておりました(笑)

 

そんな第6話のあらすじ&ネタバレを紹介していきたいと思います☆

今回は今までとは少し違うテイストでしたよ☆

Sponsored Link


ブラックプレジデント第6話あらすじ&ネタバレ

ファーストシーンは社長室。

なじみの業者が三田村にワインを勧めています。

 

訪問販売なの・・・?

ワインのお値段100万円!

 

三田村は業者に

「もうすぐ誕生日でしょ☆パーティーで飲んだら?」

とそそのかされます。

 

「誕生パーティーなんて忙しいしやらないよ!でももらっておく☆」

と購入。

冴島さんの冷たい視線と言ったら!(笑)

 

一方、三田村の会社の社員からはボーナスアップ要求が。

「どっからそんな余計な金がわいてくるんだよ~」と三田村。

「しかし景気も良くなってきてるので出さないと、今後が…」と明智。

そこで三田村は思いつきます。

 

「経費削減だ!」と三田村。

「もうやってます!」と明智。

「もっとだ!雑巾もぎゅ~ぅっと絞れば絞り出せるんだから!ウシシシ」と三田村。

さっきあんなに高いワインを買った癖に!!(笑)

 

一方、学生たちは金欠。

百合はアパートの更新料10万円が捻出できないと悩んでいます。

しかし学生皆で悩んでも解決できませんよね(笑)

 

そこに三田村が登場。

 

学生に金儲けの極意を聞かれて

「金の採掘をする人間になるな。そいつらにシャベルを売る奴になれ!」

と教える。

 

ほほう。

なるほどね~。

シャベルは絶対に必要だしある意味、消耗品でもありますもんね☆

 

それを聞いた百合はお金を確実に稼ぐ方法を思いつきます。

ネタバレしますと、百合が思いついたのはキャバクラ。

 

えっと…三田村の話、ちゃんと聞いてた?

顔ばっか見てただけなんじゃないの?(汗)

キャバって…。

 

ところで、女子会。

杏子(黒木メイサ)と冴島(国仲涼子)ですね。

 

毎度あるこのシーンが好きです☆

美人さんだらけで素敵な気分になりますので☆

 

杏子は冴島から三田村の会社の内情を聞き出そうとします。

冴島は「自分の事にはぽーんとお金を使う癖に」と三田村を糾弾。

杏子はニヤリ☆

っていうか、冴島!そんなに簡単に内情をばらしていいのか!?

 

杏子も杏子ですよ!

最終的に冴島を裏切って告発本を上梓するんじゃあ?

そう考えるとこの女子会、コワイ!(笑)

 

ある日、三田村は付き合いでキャバクラに行きます。

 

 

そうそう、案の定「新人のリリーちゃん」が席に着きます。

百合は「手っ取り早く稼げるから」と三田村にいいわけ。

三田村は「合理的な考えだ」と感心。

 

そして百合の売上げアップに貢献するために高いシャンパンを入れます。

しかも次の日も明智に命じてシャンパンを入れさせる。

 

真相に気づいた百合は会社に乗り込みます。

 

受付で

「三田村さんにぃ~会いたいんですけど?」

「えっと~社長?かな?」

「私は~えっとぉ~?同級生?」

Sponsored Link


とアポをとる。

 

この喋り方、実社会でやったら張っ倒される奴ですね。

でも実際にそういう人、いるからねえ(遠い目)

 

百合は三田村にお金を返します。

三田村は「お金をあげるのは違うから協力させてもらっただけだ」と言います。

しかし百合は「そんなのは違う」とおかねを返して逃げてしまう。

よく逃避する奴だなあ…。

 

冴島が百合を見つけて話します。

三田村は自分勝手に見えるけど、不器用なだけなんだと。

百合は「わかってます」とほほ笑む。

 

え?何かこのシーンってコワイ!

女の静かな戦いが始まってます?

始まってません?(汗)

 

誕生日当日、三田村は取引先のパーティーに出席していました。

あのワインを持参して。

 

しかし社長仲間と三田村が大学に行き始めた話題になると沈む三田村。

学生を馬鹿にされたんです。

 

いつものようにぶちかますか!?

 

と思ったら微笑んでいるだけ。

 

あれ?意外と世渡り上手です☆

 

そして

「ちょっと美女から電話があったので…」

とうまい理由を付けてパーティーを退散。

ワインも取り返します(笑)

 

 

そのころ、冴島、杏子、産業医(檀蜜)は女子会をしていました。

豪華だ~☆☆

ステキすぎです☆

 

明智から冴島へのホットラインにより、三田村がパーティーを抜け出したと知った杏子。

学生たちが家飲みしているということで、三田村を誘います。

 

が三田村、「パーティー中だから~」と意味のないうそをつく(笑)

その後すぐ電話をかけ直して「いく☆」と宣言(笑)

 

一方学生たちは三田村がまた説教をするんじゃないかと嫌がっていました。

そこへ百合が一言。

 

「違うよ!!…さびしいんだよ」と。

ネタバレしますと、百合はここで「今日が三田村の誕生日」とばらしたんですね。

 

三田村が到着すると学生たちは

「どうすんだよ!早ええよ!」とうろたえる。

 

お呼びじゃなかったの?とショックの三田村。

そこに百合たちが帰ってくる。

ケーキを買いに行ってたんですね。

 

しかしこっそりとチェックしてまたもや沈黙…。

ケーキが恐ろしく潰れてました(汗)

 

三田村に「潰れちゃったけど…お誕生日おめでとう」とケーキを出す部員達。

その気もちが嬉しかった三田村は100万円のワインを仲間とおいしく飲みます。

三田村、嬉しそう☆

 

後日談として三田村は経費削減したお金をボーナス支給に使わないと宣言。

新業態を買収します。

ギフトや記念品を扱う会社。

 

「皆、お祝いとか好きだからな~!ウシシシ!!」

 

ブラックプレジデント第6話の感想

今回は三田村の説教が少なめでしたね。

百合ちゃんがメインになっていたような気がします。

 

途中でも少し触れていますけど

「あんな喋り方の社会人、あり得ないからな!?」といらつきました(笑)

 

あと気になったのが潰れたケーキね!

どんだけ振り回したんだ!?な潰れ方ですよ(笑)

 

基本的に潰れないように設計されているコンビニスイーツの容器。

なのにケーキは大惨事。

もしかして誰か陰でケーキを投げつけてからプレゼントしたの?(汗)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 死神くん ドラマ
  2. ブラックプレジデント
  3. ブラックプレジデント
  4. 小沢真珠
  5. ブラックプレジデント
  6. 弱くても勝てます
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。