いまさら聞けない!「集団的自衛権」って何?何で問題になってる?

この記事は2分で読めます

 

安部総理が集団的自衛権の行使の検討に関する基本的方向性を表明するようですね。

…漢字多ッ!!

 

ところで、この集団的自衛権って何だったでしょうか?

はるか昔に学校で習った気もしますが・・・(汗)

いまさら「それってなに?」って聞きづらいですよね(汗)

 

今回は「集団的自衛権」とは何か?を噛みくだいて説明していきます☆

Sponsored Link


集団的自衛権って何?

 

集団的自衛権を簡単に説明しておきましょう。

まず、いくつかの国で集団になっておきます。

 

そのうちの一つの国が攻撃されたとき、集団になっている国がしゃしゃり出て防衛する権利

だそうです。

 

のび太がほかの学校の奴にいじめられたら

「のび太をいじめていいのは俺だけだ!」

 

ジャイアン のび太 助ける

 

 

 

ってジャイアンとスネオが仕返しにいくようなものですかね(←そうなのか!?)

 

更に説明を加えておきましょう。

この集団的自衛権は行使しなくてもいいことになっています。

 

ジャイアン リサイタル

 

 

ジャイアンもリサイタルがあれば、仕返しに行かないと言うような感じ(なのか?)

自分のことが優先になるんです。

 

また、やられた国が「自分でカタを付けるんだい!」と手伝いを拒否する時もあります

Sponsored Link


 

のび太 ジャイアンに勝つ

 

 

 

ドラえもんの援助を断って一人でジャイアンと戦います。

いい加減、ドラえもんに例えるのはやめようぜ?

とてもいい例になりますよね☆

 

集団に入っていても、援助する義務はないし、援助される確約もありません。

これじゃあ、怖いですよね。

いざ、攻撃されたときに守ってくれないかもなんですよ?

 

ってことで、集団になった国の中で集団的自衛「権」ではなく義務にする場合もあります。

日米安全保障条約なんかがそうです。

 

日米安全保障条約を説明すると、

「何かあったらお互いを絶対に守ること」ってなっています。

まあ、ホントに行使されるかどうかは謎ですけどね~(汗)

 

とりあえず、日本のバックにはアメリカがついてるぜ?ということ。

なので諸外国はあまり手を出してこないのかも。

 

虎の威を狩るキツ…いやいや。

全ては言いますまい。

 

日本の集団的自衛権は?

日本では憲法9条がありますね。

有名な「戦争の放棄」です。

 

武器はつくらないし、もたないし、もちこませない。

えっと…もし仲間の国がやられたら日本は超丸腰です。

助けに行けるのか?

 

更に日本が攻撃されたときも超丸腰です。

そんな国を助けに来てくれる国があるのか?

っつーことで今回安部総理は、見直しをすることにしたんですね。

 

戦争は嫌なものです。

だけど、しっかりと自衛の意識をもっていることも重要ですよね。

諸外国から「日本人は平和ボケしている(笑)」と言われていますので(汗)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 声優のアイコ
  2. ダウンシフター
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。