患者が増加中?慢性疲労症候群ってどんな病気?原因や治療方法は?

この記事は2分で読めます

 

慢性疲労症候群

 

慢性疲労って言う言葉は知っていますよね?

 

では慢性疲労症候群はどうでしょうか?今結構発症する人が多いんですって。

 

今回は慢性疲労症候群に関して原因や治療方法などを調べてみました。身の周りにいる「怠けている」人、もしかしたら…?

Sponsored Link


慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群は

かなり強いレベルの疲労が6カ月以上継続してしまう病気です。

 

結構辛いですよね(汗)

 

主な症状は

  • 思考力の低下
  • 活動力の低下
  • 微熱
  • 喉の痛み
  • 筋力低下
  • 睡眠障害

等だそうです。

 

って聞くと…怠けている人って感じもしますよね。もしくはちょっと体調のすぐれない人?

 

指を動かすのもおっくうになったりするそうなんです。では慢性疲労症候群はどんな原因で起こるのでしょうか?

 

慢性疲労症候群の原因

 

慢性疲労症候群は実は原因不明の病気なんです。

血液検査をしても視診触診をしてもどんな検査でもほかの病気も見つかりません。もちろん精神疾患でもないんです。

Sponsored Link


 

気分障害や不安障害などは一緒に症状として出ることもあるようです。感知することは稀で発症者の1割くらいと言われています。

 

あまり認知されている病気ではないのでウツや神経症、更年期障害などと誤診されることも少なくないのだとか。症状から見てもそんな感じしますよね。

 

発症の原因なんじゃないか?と言われているものはいくつかあります。トラウマやストレス、風邪や発熱、アレルギーなどなど。でもどれも決め手に欠けるって感じのようですね。

 

慢性疲労症候群の治療方法は?

慢性疲労症候群になったらどういう治療をするのでしょうか?じつは原因がわからないため、治療方法も確立されていません。対症療法って感じなんです。

 

でも大きく分けると2つの治療方法があります。

 

薬理療法

  • 抗うつ剤や抗不安剤を投与する
  • 漢方薬を使う

です。

 

人によって効果のほどは違うようなのですが、まず試される可能性が高いです。漢方薬は経験がないと処方が難しいので、かなり稀な治療かも?

 

 

 

非薬理療法

ホルモン剤やサプリを使って体調を整えます。その上でカウンセリングやセラピーを受けてもらいます。

 

これは原因がストレスなんじゃないか?という考えに基づいているんですね?また温泉などでリラックスするなども効果があるそうです。

 

発症から何十年も、下手したら一生付き合わないといけない慢性疲労症候群。近くにそんな症状の人がいたら「怠けるなよ!」なんて邪険するのではなく、理解して協力する事ができたらいいなと思います。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. エボラ出血熱 日本
  2. 桂歌丸 病気
  3. アスペルギルス症候群
  4. トランス脂肪酸 マック
  5. メニエール病
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。