国連が警告!?ジャンクフードが健康に対して危険なのはなぜ?

この記事は2分で読めます

 

ジャンクフード

 

国連の食糧問題担当の報告者がジャンクフードなどについて「世界規模でたばこより大きい健康の問題になっている」と警告したそうです。

 

なぜジャンクフードはそんなに危険なのでしょうか?調べてみましょう☆

Sponsored Link


ジャンクフードの定義

 

ジャンクフードと言えば私はファストフードの事だと思っていました。

 

しかし国連の人によると「高カロリーで栄養バランスが悪いジャンクフードが」とのことです。ってことは、ファストフードはジャンクフードの一つだけど、全てではないんですね。

 

調べたところによるとジャンクフードとは

  • ファストフード(←やっぱりね)
  • 即席めん
  • スナック菓子

だと言うことです。

 

高カロリーの癖に栄養価が低く、添加物が多いものということです。清涼飲料水とかもジャンクフードに入りそうな感じですね(汗)

 

ジャンクフードは健康に悪い理由

 

ジャンクフード 健康

 

ジャンクフードを食べまくると高血圧や肥満になりますね。これはジャンクフード大国であるアメリカが身を持って実証してくれています。

Sponsored Link


 

ほかにも糖尿病や心臓病になる可能性も高いんです。世界中でたばこの危険性がしっかりと認識されてきたので次はジャンクフード…。ということのようですね。

 

ジャンクフードは肥満になりやすいだけではなく脳に影響を及ぼします。幼いころからジャンクフードを食べているとIQも低下してしまうと言うデータがあります。更に生後6カ月から2歳になるまでの食生活が大事だとも分っています。

 

この時期にジャンクフードを与えていると「小さいけど重要な」影響が脳に出るんですって。コワイ!!

 

また、ジャンクフードをよく食べていると認知症になりやすくなると言うデータもあります。ジャンクフードに含まれる添加物などが脳に影響を及ぼしやすいようですね。

 

ジャンクフードは体に悪いけど、おいしい!

ジャンクフードは体に悪いってことは分ったけどでも、おいしいんだよね~。という気持ち、わかります!(笑)

 

ではなんで「体に悪いとわかってるのについつい手が出ちゃう」のでしょうか?

 

それはジャンクフードに含まれている油、砂糖、塩が原因です。人間にとって油と塩は欠かせないものです。昔はこの2つ、そんなに手に入るものではありません。多量摂取はできませんでした。

 

なので本能で「あればあるだけ取り込もう☆」「たくさん摂取するにはおいしいと思わないと☆」となっているんです。

 

なので油と塩があるとおいしく感じるんです。フライドポテトもソーセージも油と塩がたくさん入っていますもんね?

 

あと、砂糖なのですがこれは脳内で快感を感じさせる作用があるんです。砂糖に関しては体が欲しがると言うよりも脳が欲しがるって感じでしょうか?

 

ジャンクフードが無性に食べたくなった時に思い出してください。これは油と砂糖と塩の塊だって。ちょっと食欲なくなりますよ(笑)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ココナッツオイル
  2. チョコレート
  3. バルサミコ酢
  4. ルイボスティー
  5. 甘麹
  6. 韃靼そば茶
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。